リサイクル・買取実績のご紹介

2017.08.04

ジャーナルスタンダードファニチャーのキッチンカウンターを買取

メーカー名 ジャーナルスタンダードファニチャー
商品名 キッチンカウンター
型番/品番 BRISTOL KITCHEN COUNTER S
カテゴリ キッチン収納 キッチンカウンター
エリア 神戸市中央区

ジャーナルスタンダードファニチャーのキッチンカウンターの買取依頼をありがとうございました。

本日はjournal standard Furniture(ジャーナルスタンダードファニチャー)のキッチンカウンター「BRISTOL KITCHEN COUNTER S」をお買取りいたしました。神戸市中央区にお住いの女性のお客様より、新しい住居ではサイズ感が合わないとのことから出張査定依頼をいただきました。両側面に細かい傷は数か所ございましたが、目立つようなものではなく、引き出しのスライドレール式に不良は見られず、電装系も良好でしたので、お買取りといたしました。この度は、神戸家具買取市場をご利用いただき、誠にありがとうございました。またのご利用をお待ちしております。

ジャーナルスタンダードファニチャーのキッチンカウンター BRISTOL KITCHEN COUNTER Sの特徴と仕様

journal standard Furniture(ジャーナルスタンダードファニチャー)のキッチンカウンター「BRISTOL KITCHEN COUNTER S」は、スチールにポリッシュ仕上げをしており、メインのミディアムブラウンのカラーリングで馴染みやすいものとなっております。左側に上下2段の引き出し、右側にキャビネットを配置しており、またコンセントの差込口があるので機能性が高くなっています。
■基本仕様は以下の通りです。
幅:920mm
奥行:450mm
高さ:900mm
主材:ヘムロック
取手・脚:アイアン

ジャーナルスタンダードファニチャーのキッチンカウンターの高価買取のポイント

journal standard Furniture(ジャーナルスタンダードファニチャー)のキッチンカウンター「BRISTOL KITCHEN COUNTER S」は、スライドレールの動作不良や目立つ傷、錆や腐食などがあると価値が大きく下がります。日頃から汚れのお手入れや大切にご使用されることをオススメします。また、電装系が再利用可能であるかどうかも見落としがちなポイントとなります。その他キッチン収納全般に言えることですが、付属品や説明書、保証書がある、破損や染み・カビなどがない、他の家具とセットでまとめて査定に出すこと、収納部分の中身を空の状態にしておき査定がしやすい状況であることなどがポイントとなります。神戸家具買取市場では、多少の傷や汚れなどがあった場合でもしっかりと価値を見出して、適正な価格でお買取りいたします。まずは一度お気軽にお問い合わせください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

先ずは無料買取査定をお申込みください!!

先ずは無料買取査定をお申込みください!!

出張買取フォーム

取り扱いメーカー一覧

>コンフォートスタイル >ウッドユウライクカンパニー >メトロクス >イトーキ >カトージプレミアムライン >コイズミ >モックス >フリッツ・ハンセン >ネオデザイン >オカムラ >ナカヤマ木工 >シクロ >アジム >バオバブ >ディーベクトルプロジェクト >マルケッティ >ノラ >サンコー >ティッド >クラッシュゲート >ディーボディー >ニコアンド ファニチャーアンドサプライ >カンディハウス >フィールト >アーコール >マルイチセーリング >ボーコンセプト >イノベーター >カーフ >ヒトトキ >フライミーブラン >イッセイキ >メタルシステム >トーズ >ハロ >カルテル >マジス >デ・モード >アイデック・モダン >カリモクニュースタンダード >コサイン >アイデック・ヴィエナ >藤原木工 >フィリップ・セルバ >エリック・ヨーゲンセン >アダル・アダル アティック >アボード >ビーナ >カンティーニュ >ケナス >ワイス・ワイス >スウィッチ >マルニコレクション >カリガリス >オールドメゾン >ジープラン >ロフトスタイル >マム >北匠工房 >モーダ・エン・カーサ >モモナチュラル >ホームズスタイル >シーヴ >広松木工 >ハーマンミラー >クラッセ >ソフトライン >ウニコ >デュエンデ >ローラ アシュレイ >テツコ >ダルトン >飛騨産業 >アデペシュ >ウッディー >ジョン・ケリー >イデー >トーネット >カリモク >ジャーナルスタンダードファニチャー >フクラ >天童木工 >リラックスフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP